トリミングファン
最新カットスタイル

トリミングファン > 最新カットスタイル > 

人気トリミング犬種たちのカット写真集

トイプードル

ヘアースタイルだけでなく全身でカットスタイルが楽しめるトイプードル。ショードッグで見られるようなエレガントスタイルから、ブームの火付け役となったともいえるテディベアカット、女の子らしさを出せるエクステ・カット、やんちゃな男の子っぽくなるボブヘアー、注目度を集めたい人に人気のアフロヘアー、顔の長い子に似合うムスタッシュまで、飼い主さんの好みに合わせていろいろなタイプの雰囲気が楽しめます。

ドッグショーでは主にコンチネンタルクリップと呼ばれるトイプードルならではのスタイルで見た目を競います。腰と脚にポンポンをつけて、頭はすっきりさせて耳はボリューミーに。ただしこのスタイルは毛の量が豊富な子でないとその良さを発揮するのは難しいでしょう。

耳を伸ばすスタイルも楽しめますが食事のときに汚れてしまったり散歩中にも異物が入ってしまうことがよくあります。エレガントなスタイルの場合、飼い主様の普段からのケアがさらに重要になるといえるでしょう。

最新カットスタイル(トイプードル一覧はこちら

ヨークシャテリア

どちらかというと細くて毛が少ない子が多いヨーキー。しかしその分艶があって上品なイメージもあります。
サラサラした感じを際立たせるためにおすすめなのはパイナップルヘアー。少し毛を梳くことによって「サラッと感」を出し、顎のラインはボリュームを維持して全身まんべんなく長さを整えます。

ショードッグよりも行動的な雰囲気が好きな人の場合はベリーショートがおすすめです。全身を短く刈ってしまうとヨーキーらしさがなくなってしまうという見方もありますが、顔部分だけ少し長く残してあげると上品さも失いません。

短いカットの長所はなんといってもお手入れのしやすさです。皮膚に疾患がある子の場合も毛はできるだけ短くするのが望ましいので、夏を中心にショートカットも楽しんでみてはいかがでしょうか。

最新カットスタイル(ヨークシャテリア一覧はこちら

まるこちゃん

トリミングサロンfine

ヨーキーでもこんなにショートが似合うんですね!

シーズー

現在でも活躍している子はたくさんいますが、ひと昔前ではトイプーを凌ぐ数の子がドッグショーで活躍していた伝統ある犬種。おちゃめな性格と裏腹な優雅な毛を持つシーズーは、ショーカットにしなくとも十分にその魅力を楽しむことができます。

トップから顎のラインまでの毛はストレートに伸びてとてもエレガントなので、自作でリボンなどを作るのが好きな人の場合は、頭の毛を伸ばしてあげると簡単にアレンジを楽しむことが可能です。

もちろん短くカットしてもその魅力は十分に出すことができます。シーズーの大きな目をくっきり際立たせるのもこのショートカット。皮膚の病気が心配な犬種でもあるので、夏を中心に気分転換してはいかがでしょう。

最新カットスタイル(シーズー一覧はこちら

マルチーズ

ホワイト1色という艶やかな毛色なのが特徴の犬種ですが、真っ白な分汚れもすぐに目立ってしまいます。お手入れが苦手という人には向いていませんが、毎日こまめにブラッシングやコートの手入れをする人でないとその白さは維持できません。

目の周りも当然白いので、涙やけの対策や汚れのケアを入念に行う必要があります。ブラッシングだけでなく、全身くまなく毎日チェックをする心がけを持っておきましょう。

毛の質もふわふわで性格も忍耐強く、子供と一緒に遊ぶのも大好きな典型的な愛玩犬。見た目だけでなく一緒にいて幸せを感じる白い天使さんです。

最新カットスタイル(マルチーズ一覧はこちら

ミニチュアシュナウザー

ちょっとお爺さんぽい顔がなんとも愛らしいちょっと大きめの小型犬です。トリミングサロンによっては中型犬の扱いをしているところもあります。やや大きいのでその分しつけを怠ると大変になるかもしれません。初心者の方はできるだけ事前にしつけのやり方などを勉強しておきましょう。

カットに関しては毛が伸び続ける「トリミング犬種」として大活躍中で、シュナウザーだけのドッグショーなども開催されるほどマニアに人気です。カットの技術を極めてきた人にも魅力的な犬種らしく、専門犬舎も多数見受けられます。

他の愛玩犬とは少し違った魅力を放つシュナウザー。少し玄人好みなところもその特徴といえそうです。

最新カットスタイル(ミニチュアシュナウザー一覧はこちら

ポメラニアン

丸い体と顔で人々に愛され続けいる小型犬。伸ばしてライオンカットのようなスタイルで楽しんだり、ショートカットにして柴犬のようなルックスになったり多種多様な見た目が可能な犬種です。

体が小さいので甘やかしてしまいがちですが、しつけを間違えると吠えグセがなかなか治らないといった面もあります。初心者向けの犬種ではありますが、しつけの基本はきっちりと抑えてから飼うようにしましょう。

最新カットスタイル(ポメラニアン一覧はこちら

チワワ

毛が伸びきる前に抜けるタイプの「ノントリミング犬種」なので、ドッグショーなどで活躍することはできませんが、その分カット代がかからないのが魅力のチワワ。しかし付け根部分などの蒸れやすい箇所の毛が伸びると皮膚病の原因ともなるので定期的にカットをしてあげることは怠らないようにしましょう。

体が小さくて毛も綺麗なので、洋服がとても似合うのが特徴でもあります。オーソドックスなレッドカラーの子は、どんな色でも似合ってしまいます。

ホワイトやブラックなどの子でも飼い主様のセンス次第でかなり格好よく変身できるので、お洒落を楽しみたい人にもうってつけの犬種といえますね。

最新カットスタイル(チワワ一覧はこちら

ミニチュアダックスフンド

長い鼻と甘えん坊なところが魅力の超人気小型犬。毛はある程度まで伸びたら抜けるのでドッグショーに出るタイプではありません。カットに関しては自分で行っている人もたくさんおり、必ずしもトリミングサロンを必要としないのでお金もそれほどかかりません。

病気もそれほど多くない健康タイプでもありますが、胴が長いので椎間板ヘルニアになりやすい特徴があります。階段の上り下りやソファに飛び乗ったりするのを日常化させていると、シニアになってから急に腰を痛がる事があります。小さい頃から気をつけておきましょう。

最新カットスタイル(ダックス一覧はこちら

ビションフリーゼ

真っ白で超ボリューミーなアフロヘアーでお馴染みの犬種です。ほとんどのペットショップでは気軽に子犬を取り扱っていない希少価値も魅力のひとつ。街を一緒に散歩していると必ずと言っていいほど声をかけられます。

白一色の犬種を飼う人の使命として、その綺麗な毛を保持していかなければならないというのがあります。面倒臭がりの人や犬が好きでない人には向いていない犬種です。

最新カットスタイル(ビションフリーゼ一覧はこちら

アメリカンコッカースパニエル

街を歩いているだけで飼い主さんまで格好よく見えるほどのスタイリッシュさが魅力のアメコカ。しかしその分お手入れにかける時間もたくさん必要です。

カットに関しては自分で行うのはかなり困難。ほとんどの場合はプロのトリマーさんに頼むことになりますが、意外と不要な部分の毛が生えてこない特徴があって、トリミングの感覚が少々開いても見苦しくならないという利点があります。

アメコカのカットスタイルの特徴として、顔はもちろんのこと脚のカットセンスがかなりのウエイトを占めることが挙げられます。ポンポンをつくったり、胴体からだらーんと垂らしたりするドッグショー向けのスタイルから、オーソドックスなブーツカットまで色々な雰囲気を楽しむことができますよ。

最新カットスタイル(アメコカ一覧はこちら

ウエストハイランドホワイトテリア

テリア種のなかでもトップクラスの人気を誇ります。ヨーキーのような爆発的な人気は経験していませんが、ある程度の水準を維持しているところにこの犬種の質の良さを伺う事ができます。

その人気の原因は安定した体の頑丈さ、しっかりとした性格、子供の遊び相手にも十分な体力、しつけに対する順応力などが挙げられます。しかし逆にしつけを怠るとわがままに育ちやすく、そうなると飼い主の言うことを全然きかなくなる可能性もあります。

最新カットスタイル(ウエスティ一覧はこちら

マルチーズのぷりんちゃん

王子ちゃん

ペットサロンシェリー(大阪市住吉区)

飼い主様が自宅でしっかりお手入れできるように短くお顔をカットしています。

シュクレちゃん

じぇむ(茨城県下妻市)

ペットカットでも色々なスタイルに挑戦できます。まんまるに仕上がりました。

ミックス犬・いろいろなワンちゃん

上記のような血統書つきのワンちゃんは、世界各地のブリーダーが古より工夫に工夫を重ねて現在に至った子達なので、それぞれに長所をたくさん持っています。しかしその分同じ病気にかかりやすいという欠点も否定できません。

本来、犬という生き物はいろいろな種類どうしで交配し、子供をつくっていく動物です。ですので、ミックス犬というのはその本来の姿に近づこうとしているため、自然と欠点を補っていく力が生まれます。

例えば心臓に病気が多い犬種と脚の関節に疾患が多い犬種が組み合わさった場合、そのどちらの疾患にもならないような子が生まれるのが一般的です。

このため現代では丈夫な子で、かつ、見た目も可愛い血統書つきの子同士の「違う犬種」を交配させるのが多くなってきました。例えばチワワとミニチュアダックスで「チワックス」と呼んだりしていますが、それは犬の健康にとってはとても良いことといえるのです。

カットを楽しみたい人にはヨーキーやトイプードル、シーズーなどの毛が伸び続けるタイプでミックスされている子を選ぶのがおすすめです。

最新カットスタイル(ミックス犬一覧はこちら

ターボくん

LuLuDog帝塚山店

チワワとトイプードルのミックスさん。どちらの長所も見受けられるルックスです。

毛色はダックス、お顔はシーズー?

ベルちゃん 

Komachi Tokyo(東京都新宿区)

シーズーとダックスのミックスワンちゃん。健康な体に生まれやすくなるだけでなくその見た目にも注目です。

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>