トリミングファン
アメリカンコッカースパニエル カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > アメリカンコッカースパニエル > キュートなお客様

Dog Salon MILKでカットしたアメリカンコッカースパニエルのキュートなお客様

ヘアーはリボンを使っておしゃれにアレンジ。全体的に女の子っぽくなりました。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

アメリカンコッカースパニエルカット一覧 >>

クールモヒカンのお客様 >>

アメリカンコッカーのドッグショーの審査は

ドッグショーには何人かの審査員がいます。カットスタイルや体型美を競うコンフォメーションショーでは、その審査員の前で犬を見せる事になります。これをハンドリングと言います。
初めてのハンドリングはとても緊張するものなので、失敗しても当たり前という感覚で挑みましょう。持っている力以上見せようとすると肩に力が入るので、自然に振る舞うように心がけましょう。

審査員の前まで歩く緊張の時間

審査の順番にもよりますが、前のハンドラーがどのように振る舞っているかにも注目しましょう。また、その振る舞いと審査員の反応も見ておきます。そうする事によって審査員が何を求めているか分かってくるかもしれません。
審査員の前に行くまでは何も指示されないので、ハンドラーとしての経験が生きる時間です。しかし、初めての場合でも事前に準備しておけばどのように振る舞うかはおおよその検討がつきます。

審査員の前に行くと、審査員がアメリカンコッカーの体を触って色々と調べます。ここでは、その骨の付き方やバランス、姿勢などをチェックされます。また、歯も見られます。普段からしっかりとケアをしていないと恥ずかしい思いをしてしまいますね。

普段のトレーニング効果が試される

触診が終わったら、色々な角度から見せられる事を要求される事があります。これをトライアングルといいます。ここでは飼い主がアメコカを上手に誘導しなければなりません。
歩いている時は従順さを見るというより歩様をチェックされる事が多いようです。また、歩くスピードも速すぎたり遅すぎたりすると良くありません。前を歩いている犬と同じスピードで歩けるのがベストです。普段の散歩から飼い主がどれだけ頑張っているかを試させるともいえますね。

スポンサーリンク

NEXT しつける意味を考える >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

アメリカンコッカースパニエルカット一覧 >>

初めてのアメリカンコッカースパニエル

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

Dog Salon MILK

Dog Salon MILK
埼玉県上尾市向山1-54-11