トリミングファン
ビションフリーゼ カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ビションフリーゼ > 病気から守ろう

ビションフリーゼを病気から守ろう

何度も咳をしていたら >>

気管を狭窄から守ろう >>

ビションフリーゼにもある?遺伝的な気管の虚脱 >>

肺炎から守ろう >>

肺に関する症状を知っておこう >>

胸腔と肺の関係 >>

尿の検査方法 >>

尿検査で赤血球・黄疸などを調べる >>

消化管や腸を検査する方法 >>

血液検査方法 >>

血液から内蔵の働きを調べる >>

ビションフリーゼの尿糖の検査

尿から糖尿病を調べる方法として一般的なのは、尿の中の糖分を調べる方法すなわち尿糖の検査です。検査方法はとても簡単で、尿検査スティックというのを尿の中に入れ、その色によって尿にどれ程の糖分が入っているかを調べます。
トリミングサロンにカットにきたお客様のワンちゃんのなかには、糖尿病の検査でやった子がいるかもしれませんね。

尿中に糖分が確認されると

そもそも、糖が正常に体に吸収されると尿には出てこないので、少しでも尿に糖分が含まれていると糖尿病が疑われます。そうなると多くの場合は血糖値を調べる事になります。血糖値が正常でも、尿に糖が含まれているときは腎臓などの病気が疑われます。
しかし、ビションフリーゼの尿に糖が多く含まれていると、血糖値も高くなっているケースが多いようです。糖尿病になると血液中の糖分が多くなり、通常ではろ過されたり吸収されたりする糖が処理できず含まれるからです。

スポンサーリンク

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ビションフリーゼカット一覧 >>

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>