トリミングファン
ビションフリーゼ カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ビションフリーゼ > 新着(るいくん)

PRECIOUS・HOUSEでカットしたビションフリーゼのるいくん

まあるく可愛くスポーティに仕上げました。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ビションフリーゼカット一覧 >>

どっしりなでしこちゃんのカット >>

ビションフリーゼの尿の検査方法

病気の減員を知る有効な手段として多く取り入れられているのが尿検査です。検査によって異常が分かる箇所は、尿を作り出す腎臓はもちろん、体の臓器を中心としたほとんどになります。尿検査をするタイミングとしては、普段の色と違うと感じた時、血が混ざっていた時、回数が多くなったり少なくなったりした時です。
カットやシャンプーが仕事のトリミングサロンで尿検査をやる事はありませんが、マメ知識として知っておきましょう。

色々な方法や目的がある尿検査

ビションフリーゼが動物病院で尿検査を行う際には、最初に出た尿は取り除き、途中の部分を採取するのが一般的です。また、目的によって検査の種類が若干変わってきます。
例えば、腎臓に異常があるかどうかを調べるときに取る方法として「比重検査」というのがあります。これは、尿がどれ位濃縮されているかを調べる検査です。糖尿病を患っていると正常値よりも高い数値が出ます。また、腎炎にかかっていると尿を濃縮する力が弱まっているため、通常より低い数値が出るのがわかります。

尿タンパクを調べて病気の有無を調べる事も

尿に含まれているタンパク質を調べる検査もあります。タンパク質が含まれている尿をタンパク尿といいますが、運動後でなければほとんどビションフリーゼに見られる事はありません。検査して尿にタンパク質が大量に見つかると何らかの病気になっている可能性が高いといえます。
そのなかでも、腎臓の病気を患っている場合にタンパク尿が出る事が多いようです。同じタンパク尿でも腎臓の手前の障害から起きる腎前性、腎臓の機能障害から起きる腎性、腎臓から尿道までの間近辺に障害がある腎後性に分ける事ができます。

スポンサーリンク

NEXT 尿検査で赤血球・黄疸などを調べる >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ビションフリーゼのカット一覧 >>

ビションフリーゼを病気から守ろう

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

PRECIOUS・HOUSE
岐阜市学園町3丁目21番地
岐阜、三重、愛知の多数のビションフリーゼがサロンに来ていただいています。 ショークリップからペットまでお任せ下さい。

ビションフリーゼを病気から守ろう

何度も咳をしていたら >>

気管を狭窄から守ろう >>

ビションフリーゼにもある?遺伝的な気管の虚脱 >>

肺炎から守ろう >>

肺に関する症状を知っておこう >>

胸腔と肺の関係 >>

尿の検査方法 >>

尿検査で赤血球・黄疸などを調べる >>

消化管や腸を検査する方法 >>

血液検査方法 >>

血液から内蔵の働きを調べる >>