トリミングファン
ビションフリーゼ カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ビションフリーゼ > 新着(リンちゃん)

Wicotでカットしたビションフリーゼのリンちゃん

綺麗に揃えたカット

もうすぐで12歳ですが、まだまだ元気いっぱい!
頭にボリュームがでるようカットしました。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ビションフリーゼカット一覧 >>

こだわりの口元がポイントのく~ちゃん >>

ビションフリーゼが何度も咳をしていたら

咳を繰り返ししている場合に考えられる病気は多数ありますが、吐くような感じで何度も激しい咳をしている場合は気管支炎になっている可能性が考えられます。
鼻炎などの一般的な病気は比較的治療も用意ですが、気管支炎の場合はウイルスが絡んでいる場合が多いので、治療には時間がかかるかもしれません。

気管支炎の主な原因

気管支炎になる原因のウイルスとしてはケンネルコフが有名です。当然混合ワクチンにも含まれている感染病ですが、飼い主がワクチンを接種していない犬、またはワクチンが効かなかった場合には感染してしまう事があります。
トリミングサロンでケンネルコフが流行ると一大事なので、もし疑われるような症状の子がいた場合はただちにカットを中止して動物病院に連れていきましょう。

原因に合わせた治療をしながら安静にする

ウイルスだけでなく、ビションフリーゼに細菌や寄生虫が入り込んで気管支炎になる事もあるようです。細菌の場合は体の抵抗力が弱くなっている時に繁殖をするので、なんらかの病気と併発する恐れもあります。吐き気もある場合は寄生虫の寄生が疑われます。
いずれにせよ、しっかりと検査をして原因を突き止める事が重要となります。治療はその原因に合わせて内科療法を行うのが一般的です。自宅で療養する際には安静にして回復を計ります。カットはしばらく我慢して、毛などの手入れは自宅で丁寧に行うようにしてください。

スポンサーリンク

NEXT 気管を狭窄から守ろう >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ビションフリーゼのカット一覧 >>

ビションフリーゼを病気から守ろう

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

Wicot
広島県福山市赤坂町赤坂1090-8

ビションフリーゼを病気から守ろう

何度も咳をしていたら >>

気管を狭窄から守ろう >>

ビションフリーゼにもある?遺伝的な気管の虚脱 >>

肺炎から守ろう >>

肺に関する症状を知っておこう >>

胸腔と肺の関係 >>

尿の検査方法 >>

尿検査で赤血球・黄疸などを調べる >>

消化管や腸を検査する方法 >>

血液検査方法 >>

血液から内蔵の働きを調べる >>