トリミングファン
ビションフリーゼ カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ビションフリーゼ > 新着(く~ちゃん)

Trimming OHANAでカットしたビションフリーゼのく~ちゃん

綺麗に揃えたカット

お顔周りもボディもお手入れのしやすさを重視したカットです。しっかり作った口元がこだわりです♪

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ビションフリーゼカット一覧 >>

頭を丸くしてマズルを作ったヴィヴィちゃん >>

ビションフリーゼの気管を狭窄から守ろう

気管に炎症が起こるには注意が必要ですが、犬は気管が狭くなってしまう「気管支狭窄」にもなってしまう事があるのでこの症状の事も知っておきましょう。原因としては、気管支の周りの臓器が気管支を圧迫してしまうケース、異物が気管支に入って取れなくケースがあります。

緊急のために往診に対応できる獣医師を把握しておく

臓器が影響の場合の多くは徐々に症状が現れるので、直ちに呼吸困難になる事はほとんどありませんが、ビションフリーゼが異物が気管支に詰まってしまった場合は大変です。すぐに獣医師に見せなければなりません。
もしトリミングサロンでカット中に犬が呼吸困難になった場合は気管支に物が詰まった可能性があります。緊急に動物病院に連れていけない場合は往診してもらうしかありません。お店はこのような場合のために備えておきましょう。

いざという時の備えをしておこう

異物が器官に入った状態でも、腕の良い獣医師の場合は内視鏡などを使って異物を取り除いてくれる事があります。また、姿勢を変えたり麻酔を使用したりして取り除く事もあるようです。それでも詰まったままで緊急を要する場合は手術に踏み切る事もあります。
このような緊急事態はいつ何時に起こるか分かりません。ビションフリーゼの飼い主としては急な出費に備えてペット保険に入り、トリマーやトリミングサロンとしてはカット中の事故が大事に至らないようにするために、獣医師や動物病院と連携しておく事が重要です。

スポンサーリンク

NEXT 遺伝的な気管の虚脱 >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ビションフリーゼのカット一覧 >>

ビションフリーゼを病気から守ろう

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

Trimming OHANA
茨城県土浦市永国1059-1

ビションフリーゼを病気から守ろう

何度も咳をしていたら >>

気管を狭窄から守ろう >>

ビションフリーゼにもある?遺伝的な気管の虚脱 >>

肺炎から守ろう >>

肺に関する症状を知っておこう >>

胸腔と肺の関係 >>

尿の検査方法 >>

尿検査で赤血球・黄疸などを調べる >>

消化管や腸を検査する方法 >>

血液検査方法 >>

血液から内蔵の働きを調べる >>