トリミングファン
ビションフリーゼ カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ビションフリーゼ > 新着(ラッキーくん)

ペット用水素水スパペッツ

2丁目ドッグハウスでカットしたビションフリーゼのラッキーくん

さっぱりしました。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ビションフリーゼカット一覧 >>

短くカットしたバニラちゃん >>

ビションフリーゼの血液検査方法

犬の病気の検査をする方法にはいろいろありますが、欠かせないのがこの血液検査といえるでしょう。血液は、全身をくまなく循環して流れているので、ほとんどの異常が血液に現れます。尿検査や便の検査では見つからない病気も血液検査で発見する事があります。

血液検査の基本を知っておこう

しかし、血液検査と一概に言っても、何を行っているのでしょうか。カットが専業のトリマーなのでそのような知識を得る機会がありませんが、ある程度は知っておきたい事ではありますね。
血液検査で調べるのは、主に赤血球や白血球や血小板の数または濃度です。数といっても目で見て数えられるようなものではなく、1mm3あたりに赤血球であれば500万以上、白血球は6,000以上です。
測り方は、それ専門の機器を用いるので、当然ながら自宅で気軽にできるものではありません。

ヘマトクリットとヘモグロビン

他に行っている検査は、ヘマトクリットと言って血液の濃さを計る検査があります。俗に言う「貧血」は、この数値が低くなったときに起こります。逆に高い場合は脱水症状である事を示します。
テレビや広告などで一度は聞いたことがあると思われる「ヘモグロビン」も濃度が低くなると貧血になります。
血液検査では血小板の検査もします。これが少なくなると止血作用が効かなくなります。血が出てもすぐに固まるのは、この血小板の働きによるからです。

スポンサーリンク

NEXT 血液から内蔵の働きを調べる >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ビションフリーゼのカット一覧 >>

ビションフリーゼを病気から守ろう

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

2丁目ドッグハウス

2丁目ドッグハウス
東京都目黒区青葉台 1-29-6
ワンちゃんに合わせて肌や体質に合ったシャンプーなどを使用しています。

ビションフリーゼを病気から守ろう

何度も咳をしていたら >>

気管を狭窄から守ろう >>

ビションフリーゼにもある?遺伝的な気管の虚脱 >>

肺炎から守ろう >>

肺に関する症状を知っておこう >>

胸腔と肺の関係 >>

尿の検査方法 >>

尿検査で赤血球・黄疸などを調べる >>

消化管や腸を検査する方法 >>

血液検査方法 >>

血液から内蔵の働きを調べる >>