トリミングファン
キャバリア カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > キャバリア > レオンくん

2丁目ドッグハウス でカットしたキャバリアのレオンくん

暑い季節に向けて短くカット!

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

キャバリアキングチャールズスパニエル カット一覧 >>

キャバリアのブラッシング方法

微生物や寄生虫がたくさんいる人間の家庭で生活をしているキャバリア。外を散歩した時にもたくさんの微生物が毛の中に絡んでいます。放っておくとどんどん増殖して皮膚炎の原因となるので毎日ケアしましょう。
ブラッシングには主にスリッカーブラシとコームがあります。このふたつがあれば最低限のブラッシングができるので、迷ったら2つを揃えるといいでしょう。

絡みやすい箇所は集中的に

スリッカーブラシは自分で当ててみるとわかりますが力を入れるとかなり痛いです。まずは自分の手にでも当ててみて力加減を調整しましょう。
とりあえず全身の毛をブラッシングしたいので、5分位の時間でいいので全身をまんべんなくブラッシングしてあげます。最初は無理をせず毛並みに沿る感じで、キャバリアがリラックスできて「気持ちいい」と思うくらいがいいでしょう。
次に、絡みやすい場所を部分的にとかしていきます。絡みやすいのは毛が密集している脇の下、足の付け根、耳の下、胸部分、お尻近辺などです。これらの箇所を入念にブラシを入れます。その際に古い毛が抜けている事を確認しましょう。キャバリアは毛がよく抜けるので、抜けないようなら力が入っていないのかもしれません。
ブラッシングが終わったら、コームを使って毛を整えます。コームは立たせると危険なので寝かせて使います。

毛玉ははさみでカットせず指でほぐす

もし毛玉が見つかったら、スリッカーで無理にほぐそうとせず、まずは自分の指を使ってほぐしましょう。なかなかほぐれないようなら、指とスリッカーを交互に使って少しずつほぐしていきます。
ブラッシングは毛玉をつくらないためにも重要ですが、もしできてしまって自分でどうしようもなくなってしまったら正直にトリミングサロンで相談して処理してもらいましょう。強引にはさみでカットしないようにしてください。

スポンサーリンク

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

キャバリアキングチャールズスパニエルカット一覧 >>

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

2丁目ドッグハウス

2丁目ドッグハウス
東京都目黒区青葉台 1-29-6