トリミングファン
ミニチュアダックスフンド カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ミニチュアダックスフンド > まろんちゃん

わん吉でカットしたミニチュアダックスフンドのまろんちゃん

鮮やかなダップルコートのまろんちゃん。毛質を最大限いかせてショードッグの様な仕上がりになりました♪

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ミニチュアダックスフンドのカットTOP >>

NEXT画像 目が可愛いトッティちゃん >>

必ず獣医師の指導のもと処方してください

ミニチュアダックスフンドに直接つける薬

犬に処方する薬はほとんどの場合が口から入れるタイプの飲み薬で、緊急の場合や効果を強めたい場合には注射を利用します。人間では多く用いられる外用薬は、舐めてしまう恐れが高いために目薬や坐薬など舐める恐れがないタイプのものに限られます。

舐めるといけないのでエリザベスカラーを付ける

皮膚の病気などが悪化してどうしても軟膏などを併用したい場合には、エリザベスカラーを使用する事になります。動物病院に行くと一度は見た事があるかもしれませんが、顔につけるシャンプーハットのような形をしたやつです。
エリザベスカラーをつけるとミニチュアダックスフンドは患部を舐めたくても舐める事ができません。イライラしてちょっと可哀想ですが、軟膏を塗った場合は必須の道具です。

目薬は犬でも多く利用している外用薬

目薬(点眼薬)は、飼い主でも処方させる事ができるのでとても便利です。ミニチュアダックスフンドに限らず犬は角膜や結膜にすぐ炎症が起こる動物なので、家での点眼が必要な時があります。また、ドライアイで目が絶えず乾いている犬も、乾燥を防ぐために定期的な点眼が必要です。
最初は嫌がるので上手くいかない事が多いですが、動物病院やカットしているトリミングサロンでやり方やコツを教わればすぐに慣れるでしょう。

スポンサーリンク

NEXT 家で薬を与えるとき >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ミニチュアダックスフンドのカットTOP >>

ミニチュアダックスフンドの薬

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

わん吉

わん吉
福岡県直方市感田2552-5