トリミングファン
ウエストハイランドホワイトテリア カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ウエストハイランドホワイトテリア > ゆきちゃん

ワンちゃんのとこやさん じぇむでカットしたウエストハイランドホワイトテリアのゆきちゃん

いつも天然のお姫ちゃま♪今回はペットクリップで短め☆^^

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ウエストハイランドホワイトテリアカット一覧 >>

ウエストハイランドホワイトテリアを太らせないために

犬の肥満のほとんどは飼い主に責任があるといって過言ではありません。そして、肥満が引き起こすのは「怪我」「万病」です。
白くて綺麗な毛をトリミングサロンでカットし、週末は楽しくお出かけをするような当たり前の生活も健康が大前提です。健康で楽しくウエスティとの生活をするために毎日の正しい食生活と運動はきっちり行いましょう。

肥満が引き起こすさまざまな病気

肥満が引き起こす病気として有名なのは「糖尿病」です。犬も人間同様に糖尿病になります。そして一度症状が出ると多くの場合慢性化し、すぐには治りません。
また、糖尿病になると定期的にインスリン注射をしなければいけなくなります。これは飼い主にもウエスティにも大きな負担になってしまいます。
心臓などの臓器も肥満によって負担が大きくなり、心不全などの症状のリスクが高くなります。
また、犬は気管虚脱や気管がつぶされる先天的の疾患を持っていることが多く、健康であれば症状が出ない場合でも肥満によって引き起る事があります。

肥満は飼い主が防げる病気のひとつ

肥満を防ぐには、家での体重チェックは欠かせません。動物病院やトリミングサロンでカットする時だけ体重を計ったり健康チェックをしているようでは危険です。
体重計と並行して脂肪のつき過ぎにも気を配りましょう。両脇から触って、肋骨の感触を確かめます。毎日触っていると太ってくるとすぐにわかるでしょう。
適正な食事量にもかかわらず太ってしまう場合は、おやつの与えすぎもしくは運動不足が疑われます。おやつの量を減らすか低カロリーのものにし、散歩も時間を伸ばすなどの工夫をしてみましょう。

スポンサーリンク

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ウエストハイランドホワイトテリアカット一覧 >>

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

ワンちゃんのとこやさん じぇむ
茨城県下妻市下妻乙328-2