トリミングファン
ウエストハイランドホワイトテリア カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ウエストハイランドホワイトテリア > シュクレちゃん

ワンちゃんのとこやさん じぇむでカットしたウエスティのシュクレちゃん

ペットカットでもウエスティらしくね♪^^

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ウエストハイランドホワイトテリアカット一覧 >>

ブラッキングばっちりのNaluちゃん >>

ウエストハイランドホワイトテリアの成長に合わせた食生活を

人間の子供でも同じですが、強くて病気に勝てる体をつくるには、正しい食生活は不可欠です。
人間の子供の場合は親が栄養バランスを考えて毎日工夫しなければなりませんが、幸い犬にはバランスの良いドッグフードがあります。

離乳食からドッグフードに徐々に切り替える

ウエスティなどの小型犬用やパピー用、成犬用、シニア用に分かれているドッグフードですが、パピーの場合はさらに成長によって与え方や回数なども変えていかなければなりません。
子犬を買ったのが2ヶ月だとすると、最初はペットショップで食べていた離乳食を与えるのが一般的です。そこから徐々にドッグフードを混ぜていき、3~4ヶ月位でパピー用のフードだけにしたいところです。

消化力を確認しながら回数を減らしていく

パピー用のフードに切り替えた当初はまだ胃の消化力が弱いので、1日3回~4回に分けて1日の必要量を与えます。
トリミングサロンのカットデビューができる6ヶ月位になったら1日2回か3回でいいでしょう。ただし、消化がきちんとできているかどうかをチェックしながらになります。

犬本来の食事回数は1日1回?

犬は、集団生活をしていた時の食事が1日1回だったと言われています。従って成犬になったら1日1回の食事で通常は大丈夫です。
ただ、人間との共同生活をしている関係で、食事をしている横で大人しくしているのは困難ですね。人間の食事→ウエスティの食事の順番さえ守る事ができれば1日2回でも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

NEXT おやつを上手に使ってイイコにさせよう >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ウエストハイランドホワイトテリアカット一覧 >>

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

ワンちゃんのとこやさん じぇむ
茨城県下妻市下妻乙328-2