トリミングファン
ポメラニアン カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ポメラニアン > 新着(らんちゃん)

Wicotでカットしたポメラニアンのらんちゃん

綺麗に揃えたカット

小顔なので、全体的にバランス良く見えるようにカットしました。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ポメラニアンカット一覧 >>

ミルちゃんとチャコちゃんのカット >>

ポメラニアンのホルモンのはたらき

飼犬も人と同じように、体の働きにホルモンが大きく関与しています。ホルモンとは臓器などの名称ではなく、体のさまざまな内分泌腺から分泌されるもので、それぞれの機能の働きを維持したりコントロールしたりしています。
ですので、ホルモンに不具合が起こると血液中の糖分が多くなってしまったり、カルシウムが不足するなど、いろいろな病気の原因となります。い

ホルモンの分泌量の安定は健康の条件

ホルモンの分泌量は、その成長に合わせてほぼ一定を保っているのが正常ですが、急に変化してしまうと体に悪影響を及ぼす事があります。
綺麗な毛が魅力でカットスタイルを存分に楽しめるポメラニアンですが、子犬に成長ホルモンの分泌量不足が見られがちです。これが少ないと毛が生えてこなかったり脱毛する事があるようです。
ペットショップで売っているときは毛があったのに、飼ってから毛が抜けてしまう、という事態が起こった時のために、ポメラニアンを買うお店であらかじめ相談しておくといいでしょう。

分泌が不足すると何らかの影響は必須

ホルモンは、冬や夏でも体温を常に一定に保てるような働きや、男の子であれば男の子としての成長を促し、女の子であれば女の子として成長させるサポートをします。さらに、代謝にも関係しているので、栄養を体に取り込む際にホルモンが不足していると、その不足している部分に影響が出てきます。

スポンサーリンク

NEXT 犬も糖尿病になるの!? >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ポメラニアンカット一覧 >>

ポメラニアンの性格・特徴TOP

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

Wicot
広島県