トリミングファン
ポメラニアン カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ポメラニアン > 新着(ミルちゃんとチャコちゃん)

Trimming OHANAでカットしたポメラニアンのミルちゃんとのチャコちゃん

綺麗に揃えたカット

ポメラニアンらしさを残したふんわりカットのミルちゃんと仲良しチワワのチャコちゃん♪ニコニコ笑顔~☆
泡のおかげで超もこもこ仕上げ。気持ちよさそうです。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ポメラニアンカット一覧 >>

しっぽふんわりまさおちゃん >>

ポメラニアンも糖尿病になるの!?

鮮やかな毛並みと子供っぽい顔、ロングスタイルやショートカットなどさまざまなトリミングのバリエーションもあるポメラニアンですが、人間と同じように糖尿病になってしまう事もあります。
犬も人間と同じ膵臓を持っており、そこから分泌されるインスリンという成分が不足した時に糖尿病になります。糖尿病という名称は、糖が体に吸収されずに尿に混ざって外に出てしまう所から来ています。

糖分が吸収されずに排出されてしまう

糖尿病を患っていると、糖分を摂ろうとしても吸収ができず、血液中に糖分がどんどん増えていきます。これだけでも良くないのですが、血液中の糖分が多すぎて腎臓で処理しきれず、腎臓にも負担がかかります。
腎臓では本来水分の栄養を吸収するのですが、糖が多すぎると尿をたくさん排出しようとしてどんどん尿が出ていきます。そのため、水分がほとんど体に吸収されないで排出し、飲んでも飲んでも喉が渇いた状態が続きます。そのため、糖尿病のポメラニアンはいつでも水を欲しがるという症状が見られます。
感染する病気ではないので、トリミングサロンでカットをするのには影響はありません。

インスリンと食事の改善で治療をはかる

子供のポメラニアンにはほとんど見られませんが、歳を重ねてくると発症率が高くなります。この病気は遺伝によるものが多いとされていますが、ポメラニアンに関しては先天的なものはそれほど多くはないようです。ただ、親が糖尿病を患っていたとすると発症率はかなり高くなります。
治療方法としては人間同様インスリンを与えるのが一般的です。また、大事なのは食事療法で、獣医師とよく相談して食生活を改善していく事になります。

スポンサーリンク

NEXT 糖尿病から守ろう >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ポメラニアンカット一覧 >>

ポメラニアンの性格・特徴TOP

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

Trimming OHANA
茨城県土浦市永国1059-1