トリミングファン
ポメラニアン カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ポメラニアン > 新着(そらちゃん)

ペットサロンシェリーでカットしたポメラニアンのそらちゃん

綺麗に揃えたカット

とにかく、 丸く注文は 丸くでした♪
お顔と胴体がほぼ一体になるくらいまんまるにカットされたそらちゃん。

スポンサーリンク

前のページに戻る >>

ポメラニアンカット一覧 >>

ライオンカットのブランくん >>

高齢のポメラニアンに多く見られるクッシング症候群

ホルモンの異常による病気は高齢の犬に比較的多く見られますが、ポメラニアンの場合も例外ではありません。糖を体に代謝させるために働いている副腎皮質ホルモンというホルモンが異常に多く分泌される事があります。これをクッシング症候群といいます。

お腹が妙に出ていて水を異常に欲しがったら

症状は糖尿病に似ていて、元気がなくなることが多いようです。その他には水の飲む量が増えてお腹がタプタプになったりする事があります。そんな時は動物病院で検査してもらいましょう。
とくに高齢犬に多いようなので、もし高齢のポメラニアンをカットしていておなかが妙に出ていて水ばかり欲しがっていたら、飼い主にこの病気を教えてあげるといいかもしれません。

ステロイドが原因の場合も

クッシング症候群は、原因が他の病気の治療という事もあるようです。治療で使用されるステロイド薬の副作用として発症した事も確認されています。
また、歳を取るにつれて起こりやすい病気なので、もし過去にホルモンの異常などがあったポメラニアンは、この病気を防ぐためにも定期的に検診をする事をおすすめします。

スポンサーリンク

NEXT ホルモン不足になると? >>

↑ ↑ 上に戻る

前のページに戻る >>

ポメラニアンカット一覧 >>

ポメラニアンの性格・特徴TOP

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>

カットしたトリミングサロン

ペットサロンシェリー

ペットサロンシェリー
大阪市住吉区墨江2-5-53