トリミングファン
ヨークシャテリア カット集

トリミングファン > 最新カットスタイル > ヨークシャテリア > 

ペット用水素水スパペッツ

犬種一覧 >>

ヨークシャテリア カット写真(NEW)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ >>

ヨークシャテリアTOP >>

カット写真のご投稿はこちら >>

↑ ↑ 上に戻る

ヨークシャテリアの飼い方・健康 >>

ヨークシャテリアのお手入れ

ショー用の場合、長いトップノットはふだんは頭部の中心にまとめリボンで結んだり、コートには専用オイルをつけてシルクペーパーにラッピングしておくようにするなど結構こまめな手入れが必要です。
ショー用でなくてもコートを綺麗に保つためには毎日のブラッシングと定期的なプロのグルーミングが必要となります。シャンプーを家で行なう場合は冷えを避けるために、ドライヤーで素早く乾かしてあげます。

ブラッシングの練習をしよう

ヨークシャテリアのブラッシングには、ピンブラシ・スリッカー・コームを使用しますが、スリッカーは肌を痛める危険性があるので、毛の細いヨーキーにはピンブラシがおすすめです。
ピンブラシの役目は、もつれや中に入っている無駄な毛を取ることです。ムダ毛は奥まで入っているので地肌から毛先までしっかりとすいてあげましょう。
ある程度ほつれが取れたらコームで細かな部分をとかしてあげましょう。

脇の下は毛玉になりやすいので念入りに

全身を適当にブラッシングするのではなく、もつれやすい脇の下やおなかは特に入念にお手入れしましょう。一度毛玉になるとなかなか直りません。トリミングサロンでカットしてもらう際にも「毛玉がある場合は別料金」となるお店がほとんどなので、余計なお金がかかってしまいます。

トイプードル >>

病気予防・対策 >>

初めて飼うとき >>

楽しい生活 >>

ホワイト特集 >>

カットで独立開業 >>

お仕事コーナー >>

ヨークシャテリア >>

健康管理 >>

シーズー >>

特徴と病気のケア >>

マルチーズ >>

飼い方と健康 >>

ミニチュアシュナウザー >>

飼い方・知識 >>

ポメラニアン >>

性格を把握しよう >>

チワワ >>

特徴を知ろう >>

ミニチュアダックスフンド >>

使われている薬 >>

ビションフリーゼ >>

病気対策 >>

アメリカンコッカースパニエル >>

ドッグショー&しつけ方 >>