トリミングファン
自宅でトリミング

トリミングファン > 自宅でトリミング

自宅でトリミング

爪切り

自分で爪きり 定期的にお店などで爪を切ってもらえない場合は自分で切る必要があります。後ろの足の爪は散歩をしっかりと行なっていれば、摩擦によって削れますが、前足は伸びてしまいます。
ポイントとしては、血管とその周りにある神経を切らないように気をつけながら短く切ります。その際に一番難しいのはワンちゃんを動かないようにすることです。
できるだけ2人で行なうようにして、1人は固定する役目、もう1人は切る役目と分担してやるのがいいでしょう。
切るときは、いきなり切り始めるとびっくりするのでまずはリラックスをさせます。
飼い主の手の臭いをかがせたり、マッサージをしたりして緊張をほぐしてから始めるようにします。
怖がって動いてしまう場合には、犬を抱き上げてわきにはさみ、アゴと前足の関節を固定すると上手くいくことがあります。

耳掃除

自宅で耳をそうじする 犬の耳はとてもデリケートです。そして最も汚れがたまりやすい部分で、放っておくと外耳炎などの炎症の原因となりかねません。
トリミングサロンのシャンプーコースのセットにはほとんど耳掃除も入っていますが、月1回位のペースでは汚れがかなりたまってからそうじすることになります。自宅で週に一回位はお手入れをしてあげましょう。
犬の耳の中はいつも湿っていて、とくにダックスフンドやビーグル、ゴールデンレトリバーなど垂れ耳の犬は通気性が良くないので奥の方まで湿りがちです。
お手入れをしないと奥のほうからどんどん耳垢がたまり、悪臭がするばかりか皮膚がはがれて塞がることもあります。この状態で炎症が起こる病気が外耳炎、中耳炎などの病気です。後悔する前に、忙しくても必ず耳のケアの時間は作ってあげましょう。
犬の耳掃除は耳かきや綿棒を直接入れて垢を取り出すのではなく、脱脂綿を使用して耳の中を傷つけないように優しくそうじしてあげます。
基本的なアイテムとして、汚れを浮き出させたり皮膚への刺激を緩和するための「イヤークリーナー」、耳掃除の必需品である「脱脂綿」、その脱脂綿を巻きつけて使う「綿棒」を使用します。

耳掃除の手順

1. 脱脂綿にイヤークリーナーを染み込ませ、耳まわりをそうじします。耳のひだなど、手で届く部分を拭いてやります。
2. 耳の穴の中を拭きます。まずは自分の指で届くところを脱脂綿にイヤークリーナーを染み込ませて拭きます。
3. 耳の奥をそうじします。この際に綿棒を使用します。脱脂綿の使い方としては、耳の中を傷つけないように根元側を強く巻いて、犬の耳に入る先端部分はフワッとさせて使います。それから先端にイヤークリーナーをつけて染み込ませます。

実際に耳の穴に入れる際には、目の前で入れると怖がる子もいるので、できるだけ死角から耳の穴に入れてあげましょう。そして拭くときは、傷がつかないようにこすらずに押し当てるようにしてあげます。
クリーナーをつけた脱脂綿で耳の穴を綺麗にした時はまだ中が蒸れた状態になっています。このまま放置すると蒸れてしまって病気の原因になります。必ず乾いた脱脂綿と綿棒を使用してからぶきしてあげましょう。

また、耳掃除をする際には、耳の穴に入っている被毛をカットしてあげると蒸れの防止になります。耳周りの毛を切る際は間違って耳を切らないように十分に注意を払いましょう。

足回り・足の裏毛のカット

足回りの毛はすぐに伸びてくるので、サロンや動物病院にまかせっきりにするわけにはいきません。、できるだけ自分でも切れるようにしておきましょう。

足裏の毛のカット

ハサミは大きく分けて3種類ありますが、足の裏の毛を切る際には刃が短いタイプの「ボブバサミ」を使用するのが一般的です。普通のカットバサミは刃の長さが7cm位ですが、ボブバサミは約5cm程度です。
カットするときのコツは、ただやみくもに切るのではなく、足先を持って指と指の間を広げながら、肉球よりもはみ出ている毛を狙ってカットしていきます。ハサミを使って毛を起こしながら切るのがコツです。
はみ出た毛を切り終えたら、最後は毛先が揃うようにカットします。 できるだけ二人で一人は固定をしながらもう一人がカットをするのが望ましいです。

足周りの毛のカット

また、足の前や後ろに飾り毛をもつタイプの犬種の場合も定期的に綺麗にカットするのが一般的です。
こちらは家でこまめにカットする必要がないのでトリミングサロンでやってもらうのが良いでしょう。
自分で切る場合は、刃の長さが7cm程度で隙間のある「スキバサミ」と「コーム」を使用します。
コームとは主にステンレスでできた「クシ」のことです。歯の間隔が長いものと短いもの、両方の間隔が使い分けられるタイプのものがあります。できるだけ両方の間隔を使い分けられるタイプのクシを選びましょう。
そのコームで毛をとかしながら長い部分を切っていきます。この際、なるべく足が地面と垂直になるように立たせましょう。
不揃いになっている部分を最後はカットバサミなどで揃えて完了です。

スポンサーリンク

だぁーりんちゃん

すっきり短いお耳で毎日のお手入れもらくらくなマルチーズのだぁーりんちゃん。

いちごちゃん

胸元に暖かそうなファーをつくったおしゃれなセレブスタイル。

シュシュちゃん

可愛らしいマズルでさらに可愛くなったトイプードルのシュシュちゃん。

そらちゃん

可愛らしい雰囲気の子にぴったりなはやりのカットスタイル。

ももちゃん

トイプー女子におすすめのいまどきスタイル。

リボンもミニーちゃん

ピュアちゃん

V.I.D.表参道(渋谷区)

一見テディだけどボディと四肢はコンチネンタルのショーアレンジ。

ピナちゃん

ヌーノクラブ(中野区)

艶があって綺麗な被毛のシュナウザーピナちゃん。

リリーちゃん

可愛いお顔の形を活かしたすっきりカットスタイルのヨーキーリリーちゃん。

むさしちゃん

きりっとした男の子らしい表情が凛々しいむさしちゃんのモヒカンスタイル。

ショコちゃん

ちいさくて可愛らしいショコラちゃん。ぬいぐるみさんのようなテディベアカット。

レイラちゃん

ふんわりとあたたかそうなかんじのカットスタイル。とても優しそうな雰囲気のレイラちゃん。

リボンもミニーちゃん

メイちゃん BOUTIQUE-SALON LUMINOUS(川口市)

柔らかそうでボリュームもありそうな毛を生かしたおしゃれスタイル。

リボンもミニーちゃん

コゼットちゃん

V.I.D.表参道

まだパピーのトイプードルコゼットちゃんの初カット。

リボンもミニーちゃん

チャッピーちゃん

優しくておだやかな性格にぴったりのふんわりした雰囲気のスタイルです。

リボンもミニーちゃん

ステラちゃん

小顔で毛にボリュームがあるステラちゃんによく似合うテディカット。

リボンもミニーちゃん

結ちゃん

きれいなシルバーコートの結ちゃんのボリュームスタイル。

スタイル抜群

アドラーちゃん

美容室 ロン(西宮市)

スタイルの良い子にぴったりのブーツカット。

きなこちゃん

上野の森どうぶつ病院(台東区)

オレンジのカラーリングと三つ編みでおしゃれ女子。

もこんちゃん

Dogsalon horohoro(宇都宮市)

ゴージャスなロングヘアーをしばってチャーミングなお姉さん風。